即日キャッシングはメリットしかない? 12月 31, 2013 | 09:11 am

即日キャッシングは、困ったときにもすぐにお金を借りることができますので大変便利なサービスですよね。審査に時間もかからず、申し込みから借入まで最短で数十分ほどですので急にお金が必要となったときでも安心です。最近ではキャッシング会社もインターネット上で申し込みから借入まで全ての手続きができるところも増えましたので、店舗や自動契約機まで出向かなくとも自宅にいながら、または仕事の合間に即日でキャッシングできるような環境も整いました。

即日キャッシングというと消費者金融とか金利が高いといったちょっとデメリットともいえるイメージもありますが、最近では低金利な銀行カードローンの中でも即日融資をしているところが増えてきています。金利も低くて時間もかからずにキャッシングができるというならほんとうに便利ですしありがたいですよね。

融資を急いでいるという人以外でもやはり即日キャッシングは便利ですよね。審査にあまり時間がかかると「否決なのかな」とか不安にもなりますし、懸案事項がいつまでも残っているとその数日間は気になってしまうと思います。しかし申し込みをして数十分などで結果が分かればすっきりもしますし、またもし否決だったとしても即日で審査結果がわかるのであれば他社へ申し込みをする猶予もできます。

しかし反面、便利手軽に利用できるために軽い気持ちでキャッシングができてしまう、というのがあえていうなら即日キャッシングのデメリットです。便利便利と利用を続けて返済に困るほど借りてしまう人も少なくないといいます。即日キャッシングの便利さをメリットにするかデメリットにするかは、利用者の利用の仕方次第、というわけです。

便利な消費者金融一覧を活用する 12月 6, 2013 | 10:20 am

消費者金融一覧を掲載しているウェブサイトを、たくさん見つけることはできますね。たいていはその特徴を記載して、ランキング形式になっていることが多いです。しかし、ランキングはあくまで参考にしておき、自分にピッタリで使いやすい消費者金融を見つける必要があります。

使いやすい消費者金融とは、どういうことになるのでしょうか?使いやすいというのは、借り入れや返済がやりやすいということになります。借り入れの方法がATM、振込キャッシングなど自在に選べるとやはり便利ということになります。そのATM数が多くいろいろなところにあれば、お金が必要なときにいつでも借り入れしたり返済したりということが可能です。

また、借り入れのときに多くの人が重要視するであろう金利ですが、消費者金融では年○○%~△△%と表記してあります。これは借り入れ金額に応じて決められるのですが、全く初めて借り入れするときにはやはり信用度の点から最も高い金利となる場合がほとんどです。借り入れをした後ある程度の期間が経てば、借り入れ限度額の増額を消費者金融側から勧められることになります。借り入れ限度額が上がると、金利は低くなることがほとんどです。しかし、一番最初の借り入れのときは高いほうの金利で消費者金融間を比較したほうがよいでしょう。

サラ金業者一覧は、大手のものや中小消費者金融に別れて作られています。自分の借り入れの目的や金額に応じて、大手消費者金融がよいのかそうでないのかをまず見極めてから借り入れ先を決定する必要があります。

バンクイックは借り換えできる? 5月 11, 2013 | 08:13 am

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は低金利と、限度額が最高で500万円までという設定から、他社からの借り換えとして利用したいと考える人も多いようです。

バンクイックの公式サイトでは、借り換えに利用できますといった記述はありません。資金使途としての記載は、事業性資金を除くさまざまな用途に使えるとなっています。借り換えと合わせて、バンクイック増額についてもチェックしてみましょう。

申し込み者の審査体験談などをみると、借り換え希望で審査を通過しなかったという人、5社からの借り入れのおまとめとして申し込んだけれど一部の金額ぐらいしか限度額が設定されなかったという人、2社のおまとめがスムーズに審査が可決されたという人さまざまです。

一部の体験談では、おまとめや借り換え希望の人には審査が厳しいということも書かれていましたが、100万円を超える借り入れ金額を希望し多おまとめでもすぐに審査を通った人もいました。

審査の基準が明らかにはされませんの、おまとめだから否決になったのかそれとも他の属性に問題があったのかということは、本人では分かることがありません。消費者金融でおまとめ目的で借り入れしようとしてできなかった人が、バンクイックの審査に通過したということもあるのです。

とにかく、おまとめが目的の場合でもきちんとそれを話し借り入れ希望をすることでしょう。個人信用情報に借り入れの状況はすべて記載されていますので、目的をはっきり言わなかったとしても他での借り入れは分かってしまいます。